アラプラス 糖ダウン 口コミ

血糖値とチョコレートの関係とは?
Line

血糖値とチョコレートの関係について


ここでは、血糖値とチョコレートの関係について、書いています。

血糖値とチョコレートの関係というと、みなさんはどういった関係を思い浮かべますか?

チョコレートは甘いから、食べ過ぎると太る。

だから血糖値が上がる!

って思っている人も多いはず。

実は、それは合っているんですが、間違いでもあるんです。

そこで、血糖値とチョコレートの関係を書いていきますので、興味がある方は読んでみてください。



Line

血糖値とチョコレートの関係って?


では、血糖値とチョコレートの関係ですが、実は、チョコレートは血糖値の上昇を抑える働きがあるのです。

これ、すごく意外じゃないですか?

確かに、チョコレートって甘いから太ってしまったり、血糖値を上げてしまう食べ物です。

美味しいけど、マイナスイメージが大きいですよね。

血糖値が高いチョコレート好きの人は、チョコレートの摂取を医師に止められたりします。

では、どうしてチョコレートが血糖値の上昇を抑えるのか、どんなチョコレートがいいのかについて、書いていきます。



Line

チョコレートは血糖値の上昇を抑える?


本当に信じられない人もいるかもしれませんが、チョコレートは血糖値の上昇を抑えます。

単なる噂と思っている人もいますが、これは噂ではなく、本当なんです。

どうして、チョコレートが血糖値の上昇を抑えるのかというと、チョコレートにはポリフェノールが含まれているからなんです。

チョコレートの原料は、カカオですよね。

このカカオにポリフェノールが豊富に含まれているのです。

ポリフェノールってよく耳にする名前ですが、他にもポリフェノールを含んでいるものはありますよね。

例えば、コーヒー、赤ワイン、ブルーベリーなど。

確かにポリフェノールが含まれているのですが、カカオパウダーのポリフェノールの含有量は断トツで多いんです。

100g当たり、ブルーベリーには300mg含まれていますが、カカオパウダーには3448mgなんです!

すごい量でしょ?

そんなポリフェノールには血糖値の上昇を抑えるだけでなく、糖尿病改善効果や、殺菌効果、がん予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防などといったすごい効果があります。



Line

どんなチョコレートを食べればいいの?


さて、どんなチョコレートを食べれば血糖値の上昇を抑えられるのかというと、なんでもいいって訳ではありません。

スーパーやコンビニに行くと、いろんなチョコレートが売っていますよね。

どれも美味しそうです。

だけど、そういったチョコレートは、血糖値の上昇を抑えてはくれません。

ミルクチョコレートなどを食べると、反対に血糖値が上がってしまったりするんです。

オススメのチョコレートは、明治から出ているチョコレート効果というチョコレートです。

きっとみなさん見たことがあると思います。

チョコレート効果には2種類あり、カカオ72%と86%があります。

72%の方は、1粒でポリフェノールを127mg摂取でき、86%の方は136mg摂取できます。

ただし、私たちが馴染みのあるチョコレートとはちょっと違い、甘くありません。

カカオを味わっているって感じなので、ちょっと苦手って人がいるかもしれません。



Line

血糖値とチョコレートの関係のまとめ


このようにチョコレートで血糖値の上昇を抑えることができます。

チョコレート好きにしたら、すごく嬉しい情報ですよね!

ただし、先ほど言ったように、紹介したチョコレートは甘くありません。

だからもしかしたら食べにくいと感じるかもしれません。

カカオを味わたい、あまくないチョコレートが好きって人には本当におすすめです。

スーパーなどでもチョコレート効果は販売されています。

一度食べてみてはいかがでしょうか?

Line