アラプラス 糖ダウン 口コミ

糖尿病の症状ってどんなものがある?
Line

糖尿病の症状ってどんなものがあるのかについて


ここでは、糖尿病の症状ってどんなものがあるのかについて、書いています。

糖尿病って、最近増えてきていますよね。

みなさんは、どういったイメージがありますか?

そこで糖尿病の症状を書いていきますので、よかったら参考にしてみてください。



Line

糖尿病の症状ってどんなの?


糖尿病になるとどういった症状がでるのかというと、

・口が渇く
・体重減少
・視力低下


などがあります。

これはごく一部の症状になりますが、詳しく解説していきます。



Line

糖尿病になると口が渇く


糖尿病になると、異常なまでに口が渇いてしまいます。

今まではそんなに水分を摂らなかったのに、日に日に水分の摂取量が増えた、って人多いんです。

それは口が渇いてしまうから。

どうして口が渇いてしまうのかというと、インスリンが減少するからなんです。

インスリンが減ることにより、血中にブドウ糖が増え、糖濃度が高くなります。

すると、水分で血液を薄めようと、脳が水分を摂取するように、体に命令を出すのです。

だから、水分の摂取量が増えてしまいます。

最近、よく水分を摂るようになったな、と思ったら要注意かもしれません。



Line

糖尿病になると体重が減少する


糖尿病になると体重が減少します。

糖尿病になると逆に体重が増えそうな感じがしますが、その逆で減少するのです。

糖尿病になると、血中にブドウ糖が増え、血がドロドロになり、血流が悪くなります。

それにより、栄養が体全体に行き届かなくなってしまいます。

ブドウ糖は通常エネルギーとして消費されますが、体全体に行き届かなくなるため、ブドウ糖の代わりに脂肪や筋肉をエネルギーとして消費します。

そうすることによって、体重が減少してしまうのです。

脂肪だけでなく、筋肉もそれにより低下するので、疲れやすくなることもあります。



Line

糖尿病になると視力が低下する


糖尿病になると、視力が低下するなどと、目に異常が出ることがよくあります。

どうして視力が低下するのかというと、たんぱく質の糖化が原因です。

それってどういうことかというと、糖尿病になると血中にブドウ糖が増えます。

そのブドウ糖がたんぱく質と結合し、分子になります。

これを、たんぱく質の糖化と言います。

これが原因で、目の水晶体が白く濁り、視力が低下してしまうのです。



Line

糖尿病の症状のまとめ


糖尿病には、こういった症状があります。

このほかにも、足や皮膚に症状が出たり、むくみ、食欲異常、立ちくらみなどもあります。

糖尿病って、本当にいろんな症状があるんです。

ですので、普段と違うような症状が出たりしたら、注意しないといけません。

少し様子を見て、その症状が続くようであれば、病院に行くようにしましょう。

また、あまりにもいつもと違うような症状が出た場合は、すぐに病院へ行くといいでしょう。

Line