アラプラス 糖ダウン 口コミ

妊娠中に血糖値が高くなる原因は?
Line

妊娠中に血糖値が高くなる原因について


ここでは、妊娠中に血糖値が高くなる原因について、書いています。

実は、妊娠中って血糖値が高くなりやすいんです。

特に、30代後半になってからの妊娠は特に高くなりやすくなります。

どうして妊娠中は血糖値が高くなりやすいのか?

その原因について紹介しますので、よかったら参考にしてみてください。



Line

妊娠中に血糖値が高くなる原因って何?


妊娠中に血糖値が高くなる原因って何があるかというと、

・インスリンの働きが悪い
・運動不足
・疲労


などがあります。

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。



Line

インスリンの働きが悪くなる


妊娠中って、インスリンの働きが悪くなるんです。

どうしてかというと、ホルモンの分泌が原因です。

お腹の中の赤ちゃんの成長を促すために、ホルモンが分泌されます。

このホルモンがインスリンの働きを悪くしてしまうのです。

通常であれば、食後に血糖値が上昇しても、インスリンの働きで、血糖値を徐々にもとに戻すことができます。

しかし、インスリンの働きが悪くなるため、血糖値を下げることができないのです。



Line

運動不足になる


妊娠すると、多くの方が運動不足です。

私も妊娠中、運動不足だなって思っていました。

妊娠すると、疲れやすくなりますし、お腹が大きくなるに連れて動くのが億劫になったり、お腹が張ったり。

だから運動不足になる人が多いんです。

運動不足になると血糖値が高くなったりします。

これは妊娠している、していない関係ありません。

妊娠中はあまり無理して運動はできません。

食後すぐに動くのもよくないので、食後30分ほど時間を空けてから、ゆっくりウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるのがおすすめ。

目安は1時間ですが、途中でお腹が張ったりしたら、すぐに休むようにしてください。



Line

疲労が増える


妊娠すると、すごく疲れやすくなります。

また、なかなか疲れが取れないということもあります。

それに、睡眠不足になることも。

疲労が溜まることでも血糖値が高くなることがあります。

また、ストレスが溜まっても血糖値は高くなります。

あまり無理をせず、ゆっくりと過ごして、できるだけ疲れやストレスを溜めこまないようにしましょう。



Line

妊娠中に血糖値が高くなる原因のまとめ


こういった原因があり、妊娠中は血糖値が高くなりやすくなります。

妊娠中は、ホルモンバランスや体調が変化しやすい時期です。

そのため、血糖値が高くなりやすくなったり、体調を崩しやすくなったりします。

血糖値が高くなると、妊娠糖尿病になってしまうことも。

そうすると、赤ちゃんにもブドウ糖が沢山送られてしまうため、巨大児になってしまう恐れも。

ですので、医師と相談し、血糖値を下げる工夫をしましょう。

Line